避妊効果99.8%以上!ピルのメリットはこれだけじゃない!

投稿者: | 2019年12月10日
ピルは安全かつ確実に、女性自身で月経周期や妊娠をコントロールできる方法です。避妊目的でピルを服用している女性は多いですが、ピルのメリットは他にも様々。ピルを試してみたいけどちょっと不安・・・という女性のために低用量ピルの基本知識をお伝えします。

ピルのうれしいメリット

ピルのうれしいメリット

ピルの妊効果は99.8%以上!

避妊対策といえばコンドームですが、コンドームの避妊失敗率は意外に高く、およそ3~14%と言われています。原因として考えられるのが、コンドームが破れる・抜ける、誤ったタイミングでの着用、射精後に外すタイミングなどです。また中にはコンドームを使用してくれない男性もいるので、女性にとってリスクが高い避妊方法と言えます。

ピルは1日1回、同じ時間帯に服用するだけで、避妊効果は99.8%以上、女性自身が避妊をコントロールすることができる確実な方法です。

生理周期を自分でコントロール

旅行や結婚式など、特別なイベントに生理期間がかぶってしまうと何かと面倒、できれば時期をずらしたいと考える女性は多いと思います。

ピルは生理周期が安定するため生理不順がなくなり、次の生理のタイミングが把握しやすくなります。ピルの休薬期間を利用すれば、生理の時期を早めたり遅らせたりすることが可能です。

PMS(月経前症候群)や生理痛の緩和、貧血予防

ピルを服用すると、自然な状態のときと比べ血中のホルモン量の変動が少なくなり、安定した状態が続きます。生理前のイライラや気分の落ち込み、ニキビなどの肌トラブル、生理痛が緩和され、生理にかかわる不快な症状を減らすことができます。

また生理期間は2~4日と短くなり、経血量も少なくなるため、貧血予防にも効果的です。

子宮筋腫や子宮内膜症の治療

子宮筋腫や子宮内膜症の人は、ピルを服用することで痛みを軽くする効果が期待できます。

卵巣ガンや子宮がん、骨粗しょう症の予防

卵巣がんや子宮がんの発症リスクが40~50%低下、また骨密度の減少を予防し、骨粗しょう症のリスクを緩和します。

ピルの種類

ピルの種類

低用量ピル・中用量ピル・高用量ピル

一般的にピルと呼ばれる薬は、『卵胞ホルモン』と『黄体ホルモン』の2種類の女性ホルモンが配合されています。含まれている卵胞ホルモンの量によって、『低用量ピル』『中用量ピル』『高用量ピル』に分類されます。

低用量ピル

中用量ピルに比べ卵胞ホルモンの量が少なく、主に避妊目的で使われています。低用量ピルのメリットは薬の量を最小限に抑えられることで、デメリットは飲み忘れに弱いことです。卵胞ホルモンの量をさらに少なくした超低用量ピルもあります。

中用量ピル

低用量ピルに比べ卵胞ホルモンの量が多く、主に女性ホルモンにかかわる病気の治療に使われています。低用量ピルに比べ薬の量は増えますが、飲み忘れに強いというメリットがあります。

高用量ピル

高用量ピルのホルモン量は低用量ピルの約4倍、その分副作用が出やすいため、よほど症状がひどくない限り、低用量ピルか中用量ピルが用いられています。

相性と段階型

低用量ピル1シート内のホルモンの配合の仕方で、『相性(そうせい)』と『段階型』に分けられます。

1相性ピル

1シート(21錠)のホルモンの配合量がすべて同じです。

段階型ピル

1シート(21錠)のホルモンの配合量が変化する『段階型ピル』は、配合量の変化が2段階のものを『2相性ピル』、3段階のものを『3相性ピル』と言います。

21錠タイプと28錠タイプ

低用量ピルには、『21錠タイプ』と『28錠タイプ』があります。

21錠タイプ

1日1錠21日間服用し、その後7日間休薬します。

28錠タイプ

1日1錠28日間服用します。最後の7日間はホルモンが入ってないプラセボ錠(偽薬)なので、休薬期間中の飲み忘れを防ぐことができます。

▼ピルの価格比較はこちら▼

ピル

低用量ピルはいつから飲み始めるの?

低用量ピルはいつから飲み始めるの?

ピルの服用開始方法は、『Day1スタートピル』と『Sundayスタートピル』があります。
毎日1錠、同じ時間帯に服用するため、日常生活に取り入れやすい時間帯を選びましょう。(起床時、朝食・昼食・夕食後など)またスマートフォンにアラームを設定しておくと、飲み忘れを防ぐことができておすすめです。

Day1スタートピル

生理初日に服用を開始します。
生理初日とは、生理がはじまってから24時間以内をいいます。朝起きたらすでに生理が始まっていた場合、前日の就寝時刻から24時間以内と考えましょう。

Sundayスタートピル

月経が始まった最初の日曜日が服用開始日で、週末に生理がこないのがメリットです。

ピルを飲み忘れたらどうすればいい?

ピルを飲み忘れたらどうすればいい?

~約12時間

飲み忘れから半日ほどなら薬の効果は持続します。気づいた時点でピルを服用しましょう。

~約24時間

飲み忘れから1日経過してしまった場合は、次の日に2錠服用しましょう。

~約2日以上

飲み忘れから2日以上経過すると、ピルの効果が切れてしまいます。飲み忘れた日から1週間服用をお休みし、また新たに服用を開始しましょう。

ピルで生理周期をコントロールする方法

ピルで生理周期をコントロールする方法

生理を遅らせる場合

生理が来そうな日の5日前からピルを飲み始めると、服用している間は生理を止めることができます。

生理を早める場合

ずらしたい生理の、その前の生理中5日目の間に服用を開始します。生理がきてほしい日の2日前に服用をストップしましょう。

たとえば旅行期間中もピルを飲むのは面倒・・・という場合は、生理を早める方法がおすすめです。その場合、早めに病院に行きピルを処方してもらいましょう。

ピルの副作用

ピルの副作用

ピルの服用から1~2ヶ月は、軽い吐き気、頭痛、めまい、不正出血、乳房の張りなどの副作用がみられる場合があります。ピルを服用すると太ると言われていますが、ピルでは太りません。中には食欲がわいて食べる量が増える人はいます。

ピルの危険な副作用に、血管の中で血液が固まって血液が流れなくなる『血栓症』がありますが、非常に稀な副作用です。

ピルの費用はいくら?

ピルの費用はいくら?

ピルは保険適用外です。低用量ピル1シート約2,000~3,000円に診察代がプラスされます。

継続してピル服用したいと考えているなら、まずは病院で処方してもらい、体調に問題がなければジェネリック医薬品に切り替えてもいいでしょう。病院で処方してもらうよりも安く入手することができます。

▼ピルの海外医薬品の価格比較はこちら▼

ピル

モーニングアフターピルって何?

モーニングアフターピルって何?

モーニングアフターピルは性交後から避妊が可能な薬で、もともとはレイプ被害にあった女性の望まない妊娠を避けるための緊急避妊薬として用いられていました。セックス後72時間以内に服用することで、受精卵の着床を防ぎ、避妊効果は約80~85%です。

服用後に月経のような出血、頭痛や吐き気といった副作用が現れることがあります。

女性の約72%が生理前はイライラしている!PMSを緩和する方法

カテゴリー: